gihodo shuppan
HOME 新刊案内 ジャンル別書籍 購入案内 会社案内 お問い合せ
書籍詳細
 
水辺のプレイフルインフラ
−子どもが遊びを通じて自ら学ぶ−
建設技術研究所国土文化研究所編/子どもの水辺研究会著/池田駿介ほか監修
A5・240頁 / 2420円
発行年月日 : 2022年6月
ISBN : 978-4-7655-3481-9
 

内容紹介
◆一般的な電子書籍ストアで電子版を販売予定です◆
「プレイフルインフラ」とは,人間の生活や産業活動の基盤を形成する「インフラストラクチャー(=インフラ)」に対して,子どもたちが遊びを通じてワクワク・ドキドキしながら,自ら学び成長していく「プレイフル・ラーニング」の要素を加えたものであり,いわば子どもの遊びや学びを育む社会的な基盤を意味しています。本書は,フィールドとして川を選び,子どもを主人公に据えて,インフラのあり方について研究を行った成果を取りまとめた,画期的な書籍です。
 
目次
@ いま,子どもたちに起きていること
 1-1 日本の子どもたちのいま
 1-2 影を潜めた外遊び,このままでいいの?
 1-3 世界の取り組み

A 川づくりのあゆみと子どもたち
 2-1 川づくりのあゆみ
 2-2 川と子どものつなぎ目に存在する悩み

B 子どもの遊びと学び 〜人間発達における遊びの意味と意義〜
 3-1 子どもの学力と家庭の経済事情の関連
 3-2 遊びを通しての学び
 3-3 子どもの発達における探究・発見・創造のすすめ
 3-4 子どもの資質や能力を映し出す「ことば」の力

C 子どもの遊びの空間
 4-1 子どもにとっての遊びの意味
 4-2 遊び場の型
 4-3 原風景と遊び空間
 4-4 遊びやすい空間の構造〜遊環構造〜
 4-5 緑・水辺空間の持つ意味と役割

D 水辺で芽生える「子どもの生きる力」
 5-1 水辺遊びではどんな能力が育つのだろう?
 5-2 発話の調べ方
 5-3 記録した発話の概要
 5-4 水辺遊びは「生きる力」を育んでいた!
 5-5 水辺で出会ったあんな子ども,こんな子ども
 5-6 子どもが遊び,学ぶ水辺の形
 5-7 子どもが利用しやすいまちなかの水辺とは?
 5-8 子どもたちが生き生きと遊ぶ水辺

E 子どもが輝くプレイフルインフラ
 6-1 プレイフルインフラとは
 6-2 プレイフルインフラとしての水辺空間の特徴
 6-3 プレイフルインフラとしての水辺が備えるべき要素
 6-4 まちと水辺をつなぐプレイフルインフラ
 6-5 プレイフルインフラと大人の足場かけ

F 子どもが安心して遊べるように
 7-1 川遊びのリスクマネジメント
 7-2 災害時の身の守り方〜逃げ地図〜

G 子どもたちの遊ぶ水辺 〜私たちからの五つの提案〜
Copyright