gihodo shuppan
HOME 新刊案内 ジャンル別書籍 購入案内 会社案内 お問い合せ
書籍詳細
 
人工降雨
〜 渇水対策から水資源まで 〜
真木太一ほか編
B6・188頁 / 2200円
発行年月日 : 2012年3月
ISBN : 978-4-7655-3453-6
 

内容紹介
多くの実験が行われ,歴史的にかなりの情報があるにもかかわらず,人工降雨の実用化は思うほど進んでいない。地球環境問題が顕在化しつつある今,水資源確保,渇水対策,沙漠化防止は焦眉の課題となっている。そのためにもその実現が期待されている人工降雨法である。その中で最も新しい液体炭酸法を中心に据え,その原理から実験(成功・失敗)の成果,発展性,可能性までを詳述している。
 
目次
1章 人工降雨法の歴史

2章 種々の人工降雨法

3章 新しい液体炭酸人工降雨法の適用シナリオ

4章 降水(降雨)の仕組み

5章 人工降雨実験ドキュメント:成功事例

6章 人工降雨実験ドキュメント:失敗事例

7章 人工降雨の研究,普及の利点と問題点は何か

8章 内閣府日本学術会議からの提言(対外報告)

9章 人工降雨の今後の課題

コラム ブラジルのバナナ園で散水人工降雨法を実用化
Copyright