gihodo shuppan
HOME 新刊案内 ジャンル別書籍 購入案内 会社案内 お問い合せ
書籍詳細
 
まちづくりの核として福祉を考える
−2021年度日本建築学会設計競技優秀作品集−
日本建築学会編
A4・110頁 / 2750円
発行年月日 : 2022年1月
ISBN : 978-4-7655-2626-5
 

内容紹介
◆一般的な電子書籍ストアで電子版を販売中です◆
◆電子版特典といたしまして、書籍版とは違い、全作品をカラー掲載しています◆
1952年から開催されてきた「日本建築学会設計競技」の2021年度の課題は「まちづくりの核として福祉を考える」。福祉の現場とは,当たり前のことが困難な方々が当たり前の時間をすごせることを目指して多様な努力が払われる場所といえる。まちづくりの核として福祉の現場を捉えた場合,福祉の対象や,そこでの日常や社会生活の実践を自らで設定する必要がある。それらの実践に都市や建築がどのように関連できうるのかを検討した。応募総数300作品の中から審査を経て入選した65の優秀作品を,講評とともに掲載。建築家を目指す若い設計者,学生の皆さんは,どうか参考にしていただきたい。
 
目次
・刊行にあたって 日本建築学会

・あいさつ 冨永 祥子

・総評 乾 久美子

・全国入選作品・講評

・支部入選作品・講評

・応募要項

・入選者・応募数一覧

・事業概要・沿革

・1952〜2020年/課題と入選者一覧
Copyright