gihodo shuppan
HOME 新刊案内 ジャンル別書籍 購入案内 会社案内 お問い合せ
書籍詳細
 
鋼構造技術総覧[土木編]
日本鋼構造協会編
B5・498頁 / 19800円
発行年月日 : 1998年5月
ISBN : 4-7655-1587-7
 

内容紹介
【美本ございません】 文字どおり,土木鋼構造物に関する技術情報を網羅した書.鋼材や鋼構造の基礎的な事項から,土木鋼構造物の設計・施工・維持管理などにかかわる最新の技術までを,多数の写真・図版を示しながら網羅的に解説し,さらに将来を展望.事例も豊富におさめている.日本鋼構造協会創立30周年記念出版.姉妹編の『鋼構造技術総覧[建築編]』も同時刊行.
 
目次
1.序章
1.1 鋼と鋼構造物の発展
1.2 最新の土木鋼構造物
1.3 橋のライフサイクル
2.鋼材
2.1 生産
2.2 機械的性質
2.3 鋼材の種類と特性
構造用鋼材/鋼管/接合用鋼材/ケーブル/特殊用途用
2.4 高機能付加鋼材
耐火性能改善/溶接性改善/変形性能改善/騒音振動特性改善/耐候性改善/製作合理化

3.設計基準
3.1 考え方
3.2 許容応力度設計法
3.3 限界状態設計法
限界状態の種類/安全性照査
3.4 代表的設計基準
米国道路橋設計示方書/オンタリオ州道路橋設計基準/独国規格協会基準/英国の設計基準/ユーロコード3(案)/道路橋示方書/鋼構造物設計指針

4.各種設計法
4.1 座屈設計
骨組/板/桁
4.2 耐震・免震設計
設計/鋼製橋脚の準静的・動的性状
4.3 耐風・制振設計
4.4 疲労設計

5.接合
5.1 溶接接合
設計/方法/収縮と変形/品質と検査
5.2 高力ボルト接合
方法/種類/許容応力度・許容力/溶融亜鉛めっき高力ボルト/特殊高力ボルト/施工
5.3 接着接合
特徴/接着材種類と強さ/課題

6.設計製作の自動化・省力化
6.1 自動設計システム
6.2 製作ラインの合理化
意義/レーザー切断/箱桁パネル/糸面バリ取り/その他/ライン化時の配慮
6.3 切断・溶接の自動化
6.4 溶接ロボット
工場/ヤード・現場/課題
6.5 部材自動計測・数値仮組立
計測技術/仮組立シミュレーション技術/導入効果

7.品質保証
7.1 考え方
7.2 品質保証
設計・計画/製作・据付け/生産保全活動
7.3 ISO9000シリーズ
ISO9000シリーズ品質システム/審査
7.4 鋼橋の品質管理基準

8.鋼橋架設技術
8.1 概説
技術・工法/架設機材/精度管理
8.2 大ブロック架設
8.3 吊橋補剛桁の直下吊り
現地条件/要素技術/スイング工法の技術要素/架設ヒンジ

9.防食技術
9.1 鋼の腐食
メカニズム/大気中/海水中/異種金属接触腐食
9.2 防食方法
塗装/材料特性の利用/亜鉛めっき/溶射/電気防食法/ライニング・ラッピング/腐食環境改善
9.3 最近の関連技術
塗装仕様/塗装技術/新防食材料・技術/防食層の検査・補修/乾燥空気による防食

10.維持管理
10.1 鋼構造物の寿命
10.2 鋼橋の維持補修
現状/調査点検/床版補強・取替工法/支承取替え/橋桁の補強・改造/その他/耐震補強
10.3 溶接補修・補強
10.4 維持・管理設備
定置式足場/移動式足場
10.5 既存鋼構造物の計測
計測/機器類/標準化

11.省力化橋梁
11.1 設計
設計情報一元化/標準化と省力化/製作・架設省力化に対する役割
11.2 製作
製作管理と省力化/工場設備と省力化
11.3 架設
現場自動溶接と検査の省力化/プレハブ化/大ブロック化/プレキャスト化

12.連続桁橋梁
12.1 概説
12.2 少数径間
連続合成桁橋/欧州の革新的連続桁橋/最近の連続桁橋
12.3 多径間
12.4 ノージョイント形式連続化橋梁
12.5 新しい提案
合成桁連続化工法/ノージョイント工法連続アーチ橋/超多径間連続桁の実現性

13.複合構造
13.1 一般
定義/力学特性/合成の確保/特徴/鋼材の開発/高流動コンクリートの利用/耐久性
13.2 沈埋・ケーソン
基本構造/沈埋函/重力式ケーソン/実施例
13.3 合成柱・合成床
13.4 合成桁(連続桁・2主桁)
動向/構造特性と設計・施工上の留意点/課題と展望
13.5 長大橋
複合箱桁・アーチ橋/複合斜張橋・吊橋/合成構造斜張橋

14.環境対応技術
14.1 景観
デザイン論の歴史/橋梁美学/デザインの視点/課題
14.2 防音
音・騒音/道路・鉄道騒音と対策
14.3 防振
高架橋振動の発生と伝播/対策例

15.次世代の構造物と構造技術者
15.1 概説
15.2 建設系工学の発展の経緯
15.3 建設系工学の将来
15.4 海洋空間の活用
沿岸・海洋域の活用/浮体構造物の意義・実績・特長/大型浮体構造の経済性/空港等
15.5 浮体橋梁・トンネルの現状と展望
Copyright